2016年8月16日火曜日

小池百合子都知事に記者会見で質問しました。

8月12日都知事定例会見で、はけ文メンバーでもある斉藤円華記者が、
小金井都道問題について質問しました。

一問一答は下記リンクで見ることができますが、
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/governor/governor/kishakaiken/2016/08/12.html
以下、当該部分を抜粋します。

*****

【記者】フリーの記者の斉藤と言います。知事は、来週、都市計画道路の
第四次事業化計画について、都市整備局から説明を受けると聞いており
ますが、第四次事業化計画で整備する路線について、個別の説明を受け
たい路線というのはありますか。

【知事】今、それぞれの局から、課題を一つずつ伺っているところでござい
まして、今、ご指摘のありました都市計画道路の整備について、一つひと
つはまだ受けておりません。しかしながら、これから受けることになろうか
と思います。

【記者】それで、知事は、今回の都知事選の際に、候補者として、小金井
市内の都道計画に関して、市民団体からアンケートを受けて、それについ
て回答をしておられます。その中で、「前知事が決めたからといって、都道
計画に関してそのまま踏襲するというような硬直的な考えは一切持ってお
りません」というふうに回答して、さらに、小金井市内の2路線に関して、「こ
の優先整備路線に位置付けることが不適切だと判断される場合には、必
要に応じ、見直しを進めていきたい」というふうにお答えになっておられま
す。この内容に、今も変わりはございませんでしょうか。

【知事】アンケートにお答えした記憶はございます。そしてまた、当時は様々
なアンケートを頂戴したわけでございますけれども、それぞれ、私にとりまし
て、全く新しい課題、東京都知事を目指すがゆえに、様々なご指摘、アンケ
ートなどに答えさせていただくときには、前からやっているからいいというこ
とではなくて、やはり、築地もそうなのですけれども、一旦立ち止まって、こ
れは本当にいいのかどうかということを判断すると、総合的にお答えさせて
いただいております。

ただ、一方で都市計画道路というのは、全体の、交通、それから物流の機
能ということを向上させないといけないとか、あと、例えば私が言っておりま
す無電柱化のように、緊急物資を運ぶ道路を確保しなければいけないとか、
やはり道路の確保というのは日常生活、そしてまた経済活動などに資する
からこそ進めていくというケースが多い。一方で、どうやって環境を守って
いくかという別の重要なテーマがあると思います。この路線については、更
に事務方から詳しく聞き、どのようにして自然が守られるのかどうかも含め
て、更に聞いてまいりたいところでございますけれども、一つひとつご意見な
どにも丁寧に対応することによって、自然を守り、かつ、それぞれ日々の交
通が守られる。いろいろな方法があると思うのです、道路の在り方においても。

いわゆる、例えば動物などが、これは空港、沖縄の空港なり、石垣島の空港
などもそうだったのですけれども、固有の動物がいたりして、それを滑走路で
切ってしまうと生態系がおかしくなるというようなことで、30年以上、いろいろ
と議論したことがあるのです。ですから、どのようにして、例えば植物などを
守っていくかなどについても、知見もございますし、そしてまた、すばらしい
環境を守ると同時に経済も守り、そして渋滞などを防ぐことによって大気汚染
も防止できるわけですから。

そういった意味で、今のご指摘の話とアンケートについてはフォローもさせ
ていただき、一つひとつ丁寧に対応させていただきたいと思っております。

【記者】このアンケートの中で、就任したら実際に巡視しという一文が
ございます。小金井に限らず、見ておきたいというような路線がありましたら、
いつまでに大体見ておきたいという。

【知事】もうできるだけ、あちこち行きたいところもございます。
テイクノートしておきたいと思います。


以上です。

*****


定例記者会見において新知事の考えを直接聞くことができたのは
とても意義深いことだと思っています。
今後も小金井を始めとする都市計画道路の現状について、
知事に深く知っていただき、これまでどうりではない新たな都政運営を
していただけるよう、はけの自然と文化を守る会としても
働きかけていきたいと思います。
様々な方法を通じて、小金井の2路線については市民からも多くの反対、
見直しの意見があること、市議会での採決の結果など、
都知事へ伝えていきます。



小池百合子都知事に記者会見で質問しました。

8月12日都知事定例会見で、はけ文メンバーの斉藤円華記者が、
小金井都道問題について質問しました。

一問一答は下記リンクで見ることができますが、
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/governor/governor/kishakaiken/2016/08/12.html
以下、当該部分を抜粋します。

*****

【記者】フリーの記者の斉藤と言います。知事は、来週、都市計画道路の
第四次事業化計画について、都市整備局から説明を受けると聞いており
ますが、第四次事業化計画で整備する路線について、個別の説明を受け
たい路線というのはありますか。

【知事】今、それぞれの局から、課題を一つずつ伺っているところでござい
まして、今、ご指摘のありました都市計画道路の整備について、一つひと
つはまだ受けておりません。しかしながら、これから受けることになろうか
と思います。

【記者】それで、知事は、今回の都知事選の際に、候補者として、小金井
市内の都道計画に関して、市民団体からアンケートを受けて、それについ
て回答をしておられます。その中で、「前知事が決めたからといって、都道
計画に関してそのまま踏襲するというような硬直的な考えは一切持ってお
りません」というふうに回答して、さらに、小金井市内の2路線に関して、「こ
の優先整備路線に位置付けることが不適切だと判断される場合には、必
要に応じ、見直しを進めていきたい」というふうにお答えになっておられま
す。この内容に、今も変わりはございませんでしょうか。

【知事】アンケートにお答えした記憶はございます。そしてまた、当時は様々
なアンケートを頂戴したわけでございますけれども、それぞれ、私にとりまし
て、全く新しい課題、東京都知事を目指すがゆえに、様々なご指摘、アンケ
ートなどに答えさせていただくときには、前からやっているからいいというこ
とではなくて、やはり、築地もそうなのですけれども、一旦立ち止まって、こ
れは本当にいいのかどうかということを判断すると、総合的にお答えさせて
いただいております。

ただ、一方で都市計画道路というのは、全体の、交通、それから物流の機
能ということを向上させないといけないとか、あと、例えば私が言っておりま
す無電柱化のように、緊急物資を運ぶ道路を確保しなければいけないとか、
やはり道路の確保というのは日常生活、そしてまた経済活動などに資する
からこそ進めていくというケースが多い。一方で、どうやって環境を守って
いくかという別の重要なテーマがあると思います。この路線については、更
に事務方から詳しく聞き、どのようにして自然が守られるのかどうかも含め
て、更に聞いてまいりたいところでございますけれども、一つひとつご意見な
どにも丁寧に対応することによって、自然を守り、かつ、それぞれ日々の交
通が守られる。いろいろな方法があると思うのです、道路の在り方においても。

いわゆる、例えば動物などが、これは空港、沖縄の空港なり、石垣島の空港
などもそうだったのですけれども、固有の動物がいたりして、それを滑走路で
切ってしまうと生態系がおかしくなるというようなことで、30年以上、いろいろ
と議論したことがあるのです。ですから、どのようにして、例えば植物などを
守っていくかなどについても、知見もございますし、そしてまた、すばらしい
環境を守ると同時に経済も守り、そして渋滞などを防ぐことによって大気汚染
も防止できるわけですから。

そういった意味で、今のご指摘の話とアンケートについてはフォローもさせ
ていただき、一つひとつ丁寧に対応させていただきたいと思っております。

【記者】このアンケートの中で、就任したら実際に巡視しという一文が
ございます。小金井に限らず、見ておきたいというような路線がありましたら、
いつまでに大体見ておきたいという。

【知事】もうできるだけ、あちこち行きたいところもございます。
テイクノートしておきたいと思います。


以上です。

*****


定例記者会見において新知事の考えを直接聞くことができたのは
とても意義深いことだと思っています。
今後も小金井を始めとする都市計画道路の現状について、
知事に深く知っていただき、これまでどうりではない新たな都政運営を
していただけるよう、はけの自然と文化を守る会としても
働きかけていきたいと思います。
様々な方法を通じて、小金井の2路線については市民からも多くの反対、
見直しの意見があること、市議会での採決の結果など、
都知事へ伝えていきます。



小池百合子都知事に記者会見で質問しました。

8月12日都知事定例会見で、はけ文メンバーの斉藤円華記者が、
小金井都道問題について質問しました。

一問一答は下記リンクで見ることができますが、
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/governor/governor/kishakaiken/2016/08/12.html
以下、当該部分を抜粋します。

*****

【記者】フリーの記者の斉藤と言います。知事は、来週、都市計画道路の
第四次事業化計画について、都市整備局から説明を受けると聞いており
ますが、第四次事業化計画で整備する路線について、個別の説明を受け
たい路線というのはありますか。

【知事】今、それぞれの局から、課題を一つずつ伺っているところでござい
まして、今、ご指摘のありました都市計画道路の整備について、一つひと
つはまだ受けておりません。しかしながら、これから受けることになろうか
と思います。

【記者】それで、知事は、今回の都知事選の際に、候補者として、小金井
市内の都道計画に関して、市民団体からアンケートを受けて、それについ
て回答をしておられます。その中で、「前知事が決めたからといって、都道
計画に関してそのまま踏襲するというような硬直的な考えは一切持ってお
りません」というふうに回答して、さらに、小金井市内の2路線に関して、「こ
の優先整備路線に位置付けることが不適切だと判断される場合には、必
要に応じ、見直しを進めていきたい」というふうにお答えになっておられま
す。この内容に、今も変わりはございませんでしょうか。

【知事】アンケートにお答えした記憶はございます。そしてまた、当時は様々
なアンケートを頂戴したわけでございますけれども、それぞれ、私にとりまし
て、全く新しい課題、東京都知事を目指すがゆえに、様々なご指摘、アンケ
ートなどに答えさせていただくときには、前からやっているからいいというこ
とではなくて、やはり、築地もそうなのですけれども、一旦立ち止まって、こ
れは本当にいいのかどうかということを判断すると、総合的にお答えさせて
いただいております。

ただ、一方で都市計画道路というのは、全体の、交通、それから物流の機
能ということを向上させないといけないとか、あと、例えば私が言っておりま
す無電柱化のように、緊急物資を運ぶ道路を確保しなければいけないとか、
やはり道路の確保というのは日常生活、そしてまた経済活動などに資する
からこそ進めていくというケースが多い。一方で、どうやって環境を守って
いくかという別の重要なテーマがあると思います。この路線については、更
に事務方から詳しく聞き、どのようにして自然が守られるのかどうかも含め
て、更に聞いてまいりたいところでございますけれども、一つひとつご意見な
どにも丁寧に対応することによって、自然を守り、かつ、それぞれ日々の交
通が守られる。いろいろな方法があると思うのです、道路の在り方においても。

いわゆる、例えば動物などが、これは空港、沖縄の空港なり、石垣島の空港
などもそうだったのですけれども、固有の動物がいたりして、それを滑走路で
切ってしまうと生態系がおかしくなるというようなことで、30年以上、いろいろ
と議論したことがあるのです。ですから、どのようにして、例えば植物などを
守っていくかなどについても、知見もございますし、そしてまた、すばらしい
環境を守ると同時に経済も守り、そして渋滞などを防ぐことによって大気汚染
も防止できるわけですから。

そういった意味で、今のご指摘の話とアンケートについてはフォローもさせ
ていただき、一つひとつ丁寧に対応させていただきたいと思っております。

【記者】このアンケートの中で、就任したら実際に巡視しという一文が
ございます。小金井に限らず、見ておきたいというような路線がありましたら、
いつまでに大体見ておきたいという。

【知事】もうできるだけ、あちこち行きたいところもございます。
テイクノートしておきたいと思います。


以上です。

*****


定例記者会見において新知事の考えを直接聞くことができたのは
とても意義深いことだと思っています。
今後も小金井を始めとする都市計画道路の現状について、
知事に深く知っていただき、これまでどうりではない新たな都政運営を
していただけるよう、はけの自然と文化を守る会としても
働きかけていきたいと思います。



小池百合子都知事に記者会見で質問しました。

8月12日都知事定例会見で、はけ文メンバーの斉藤円華記者が、
小金井都道問題について質問しました。

一問一答は下記リンクで見ることができますが、
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/governor/governor/kishakaiken/2016/08/12.html
以下、当該部分を抜粋します。

*****

【記者】フリーの記者の斉藤と言います。知事は、来週、都市計画道路の
第四次事業化計画について、都市整備局から説明を受けると聞いており
ますが、第四次事業化計画で整備する路線について、個別の説明を受け
たい路線というのはありますか。

【知事】今、それぞれの局から、課題を一つずつ伺っているところでござい
まして、今、ご指摘のありました都市計画道路の整備について、一つひと
つはまだ受けておりません。しかしながら、これから受けることになろうか
と思います。

【記者】それで、知事は、今回の都知事選の際に、候補者として、小金井
市内の都道計画に関して、市民団体からアンケートを受けて、それについ
て回答をしておられます。その中で、「前知事が決めたからといって、都道
計画に関してそのまま踏襲するというような硬直的な考えは一切持ってお
りません」というふうに回答して、さらに、小金井市内の2路線に関して、「こ
の優先整備路線に位置付けることが不適切だと判断される場合には、必
要に応じ、見直しを進めていきたい」というふうにお答えになっておられま
す。この内容に、今も変わりはございませんでしょうか。

【知事】アンケートにお答えした記憶はございます。そしてまた、当時は様々
なアンケートを頂戴したわけでございますけれども、それぞれ、私にとりまし
て、全く新しい課題、東京都知事を目指すがゆえに、様々なご指摘、アンケ
ートなどに答えさせていただくときには、前からやっているからいいというこ
とではなくて、やはり、築地もそうなのですけれども、一旦立ち止まって、こ
れは本当にいいのかどうかということを判断すると、総合的にお答えさせて
いただいております。

ただ、一方で都市計画道路というのは、全体の、交通、それから物流の機
能ということを向上させないといけないとか、あと、例えば私が言っておりま
す無電柱化のように、緊急物資を運ぶ道路を確保しなければいけないとか、
やはり道路の確保というのは日常生活、そしてまた経済活動などに資する
からこそ進めていくというケースが多い。一方で、どうやって環境を守って
いくかという別の重要なテーマがあると思います。この路線については、更
に事務方から詳しく聞き、どのようにして自然が守られるのかどうかも含め
て、更に聞いてまいりたいところでございますけれども、一つひとつご意見な
どにも丁寧に対応することによって、自然を守り、かつ、それぞれ日々の交
通が守られる。いろいろな方法があると思うのです、道路の在り方においても。

いわゆる、例えば動物などが、これは空港、沖縄の空港なり、石垣島の空港
などもそうだったのですけれども、固有の動物がいたりして、それを滑走路で
切ってしまうと生態系がおかしくなるというようなことで、30年以上、いろいろ
と議論したことがあるのです。ですから、どのようにして、例えば植物などを
守っていくかなどについても、知見もございますし、そしてまた、すばらしい
環境を守ると同時に経済も守り、そして渋滞などを防ぐことによって大気汚染
も防止できるわけですから。

そういった意味で、今のご指摘の話とアンケートについてはフォローもさせ
ていただき、一つひとつ丁寧に対応させていただきたいと思っております。

【記者】このアンケートの中で、就任したら実際に巡視しという一文が
ございます。小金井に限らず、見ておきたいというような路線がありましたら、
いつまでに大体見ておきたいという。

【知事】もうできるだけ、あちこち行きたいところもございます。
テイクノートしておきたいと思います。


以上です。

*****


定例記者会見において新知事の考えを直接聞くことができたのは
とても意義深いことだと思っています。
今後も小金井を始めとする都市計画道路の現状について、
知事に深く知っていただき、これまでどうりではない新たな都政運営を
していただけるよう、はけの自然と文化を守る会としても
働きかけていきたいと思います。



小池百合子都知事に記者会見で質問しました。

8月12日都知事定例会見で、はけ文メンバーの斉藤円華記者が、
小金井都道問題について質問しました。

一問一答は下記リンクで見ることができますが、
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/governor/governor/kishakaiken/2016/08/12.html
以下、当該部分を抜粋します。

*****

【記者】フリーの記者の斉藤と言います。知事は、来週、都市計画道路の
第四次事業化計画について、都市整備局から説明を受けると聞いており
ますが、第四次事業化計画で整備する路線について、個別の説明を受け
たい路線というのはありますか。

【知事】今、それぞれの局から、課題を一つずつ伺っているところでござい
まして、今、ご指摘のありました都市計画道路の整備について、一つひと
つはまだ受けておりません。しかしながら、これから受けることになろうか
と思います。

【記者】それで、知事は、今回の都知事選の際に、候補者として、小金井
市内の都道計画に関して、市民団体からアンケートを受けて、それについ
て回答をしておられます。その中で、「前知事が決めたからといって、都道
計画に関してそのまま踏襲するというような硬直的な考えは一切持ってお
りません」というふうに回答して、さらに、小金井市内の2路線に関して、「こ
の優先整備路線に位置付けることが不適切だと判断される場合には、必
要に応じ、見直しを進めていきたい」というふうにお答えになっておられま
す。この内容に、今も変わりはございませんでしょうか。

【知事】アンケートにお答えした記憶はございます。そしてまた、当時は様々
なアンケートを頂戴したわけでございますけれども、それぞれ、私にとりまし
て、全く新しい課題、東京都知事を目指すがゆえに、様々なご指摘、アンケ
ートなどに答えさせていただくときには、前からやっているからいいというこ
とではなくて、やはり、築地もそうなのですけれども、一旦立ち止まって、こ
れは本当にいいのかどうかということを判断すると、総合的にお答えさせて
いただいております。

ただ、一方で都市計画道路というのは、全体の、交通、それから物流の機
能ということを向上させないといけないとか、あと、例えば私が言っておりま
す無電柱化のように、緊急物資を運ぶ道路を確保しなければいけないとか、
やはり道路の確保というのは日常生活、そしてまた経済活動などに資する
からこそ進めていくというケースが多い。一方で、どうやって環境を守って
いくかという別の重要なテーマがあると思います。この路線については、更
に事務方から詳しく聞き、どのようにして自然が守られるのかどうかも含め
て、更に聞いてまいりたいところでございますけれども、一つひとつご意見な
どにも丁寧に対応することによって、自然を守り、かつ、それぞれ日々の交
通が守られる。いろいろな方法があると思うのです、道路の在り方においても。

いわゆる、例えば動物などが、これは空港、沖縄の空港なり、石垣島の空港
などもそうだったのですけれども、固有の動物がいたりして、それを滑走路で
切ってしまうと生態系がおかしくなるというようなことで、30年以上、いろいろ
と議論したことがあるのです。ですから、どのようにして、例えば植物などを
守っていくかなどについても、知見もございますし、そしてまた、すばらしい
環境を守ると同時に経済も守り、そして渋滞などを防ぐことによって大気汚染
も防止できるわけですから。

そういった意味で、今のご指摘の話とアンケートについてはフォローもさせ
ていただき、一つひとつ丁寧に対応させていただきたいと思っております。

【記者】このアンケートの中で、就任したら実際に巡視しという一文が
ございます。小金井に限らず、見ておきたいというような路線がありましたら、
いつまでに大体見ておきたいという。

【知事】もうできるだけ、あちこち行きたいところもございます。
テイクノートしておきたいと思います。


以上です。

*****


定例記者会見において新知事の考えを直接聞くことができたのはとても

意義深いことだと思っています。
今後も小金井を始めとする都市計画道路の現状について、知事に深く知って
いただき、これまでどうりではない新たな都政運営をしていただけるよう、
はけの自然と文化を守る会としても働きかけていきたいと思います。