2017年9月10日日曜日

【緊急・重要情報】小金井の都市計画道路について進捗がありました!


小金井の都市計画道路について東京都の方に動きがあったのでお伝えします。

東京都が小金井3・4・11号線、並びに3・4・1号線に概略設計および住民説明会のための委託業者選定のための入札を行ったことが「都市計画道路を考える小金井市民の会」の調査で判明しました。
すでに入札は締め切られ、921日に開札される予定です。
東京都ホームページから閲覧できる入札希望者が見るための資料には「本委託は(2路線の)概略設計及び今後予定されている地元住民との意見交換会における資料作成等を行うものである。」とあります。
そしてさらに具体的業務が書かれており以下のことが書かれています。


3・4・11号線外(南北の路線)
*道路概略設計、完成予想図(ペンシルパース)の作成。
*環境調査計画検討(大気汚染や水環境、土壌、地形などの自然的状況に係る項目)
*環境調査計画検討ー地域計画、人口及び産業、河川、地下水の利用状況、交通の状況環境保全など)
*意見交換会補助業務ー意見交換会は今年度の第3四半期及び第四半期にそれぞれ1回づつ開催予定。参加予測各50名。
資料作成、当日掲示図面、配布資料の作成、記録、意見交換会の結果整理、議事録作成。


3・4・1号線(東西の路線)
*道路概略設計、完成予想図(ペンシルパース)の作成

このような業務をするための業者の入札です。
完成予想図を業者が書くということは、どのような道路にするかすでに東京都の考えているかたちがあるということではないですか?
(東京都は「まだ決まっていない」として地下なのか橋なのか住民に示していません)
この入札は着実な道路建設への一歩です。

小金井市は議会でも市民からの陳情や議員提案により、この2路線の整備計画の見直しを東京都に求めています。西岡市長も「地元への配慮を欠いた事業着手については、両路線とも希望することはない。」と表明しています。地元小金井市に相談しなから慎重に進めてほしいと度々東京都にも伝えているにもかかわらず、今回の入札が進められている件は、全く小金井市に伝えられてはいませんでした。
このことを小金井市議たちも重くみて、対応策を考えているそうです。

都市計画道路を考える市民の会、はけの自然と文化をまもる会をはじめとするこの2路線に反対する団体からも、この入札に意義を唱えて21日の開札も止めるよう、対応策を検討する予定です。
また経過をおしらせしますので、みなさんもぜひ注視してください。

この入札問題について坂井えつこ市議のブログが詳しいので、さらに詳しく資料などをご覧になりたい方は是非こちらもお読みください。→坂井えつこ市議のブログ




2017年9月7日木曜日

野鳥の住う公園内に文学施設の建設計画

三鷹市が井の頭公園内のこの場所に「太宰治記念文学館」を建設しようとしています。三鷹市ゆかりの太宰治と吉村昭の資料と吉村昭の書斎を移築する施設だそうです。
はけ文で講演会の講師も務めていただいた野鳥観察家の鈴木浩克さんによると「この場所は伐採された樹木や剪定された枝などを置くスペースで、来園者には利用価値の無い場所ですが、周辺には多種類の古木があり、絶滅危惧種ミゾゴイの観察例ほか、動植物の多様性にあふれているスポットなんです。」とのこと。

三鷹市がゆかりの作家の文学施設を建てることそのものは間違っているとは思いませんが、公園内の木を伐採し、野鳥が憩う貴重な都会の緑を減らしてまで作るのは良いことなのでしょうか。他に場所はないのか、三鷹市は深く検討しているのでしょうか。(都立公園の土地を借地として建設するので借地料も発生します)
鈴木さんによればこの付近は野鳥たちに最適な場所でとてもたくさんの鳥が集まっているそうです。9月9日まで三鷹市はパブコメを募集しています。三鷹市民か在勤在校とありますが、井の頭公園を利用している人であれば出すこともできるようです。

広報「みたか」

この計画はすでに11月にプレス発表も済んでおり、報道されています。決まったかのような報道が出た後にパブコメ募集、ちょっと不思議です。パブコメによって何か変更されるのでしょうか。パブコメがガス抜きに使われているような気がします。

11月の産経新聞の報道内容


今年の2月に国は都市公園法を改正し、都市公園の中に保育園を建てたり、公園内に建てる建物の建ぺい率を変更しました。それを全て問題だとは言いません。良い面もあると思います。ただその法改正のおかげでむやみに木が伐採されて、公園内にコンクリートの建物が増えることは歓迎できません。
三鷹市の太宰治記念館計画も注視して行きたいと思います。

【ダーウィンが来た!に井の頭公園が登場】
その井の頭公園が、9月10日(日)19:30〜20:00 NHK総合にて放送予定の「ダーウィンが来た!」に登場!タイトルは「カイツブリ」ですが、カイツブリだけでなく他の野鳥も紹介されるそうで、井の頭公園で活動する井の頭バードリサーチの方々が取材に応じています。鈴木浩克さんもそのメンバーで、番組にも登場するそうです!
鈴木さんは太宰記念文学館予定地になっている資材置き場付近で撮影した絶滅危惧種のミゾゴイの写真を提供したそう。ぜひご覧ください。

番組の詳細はこちらから。「 ダーウィンが来た!

(Y.Y)

2017年8月1日火曜日

武蔵野公園トイレ説明会の報告

7月9日(日)18301930、南小学校体育館にて武蔵野公園におけるトイレ設置に係る説明会が開催されました。(主催、東京都西部公園緑地事務所工事課)

およそ50名の市民が参加。
はじめに録音不可、撮影は冒頭のみと説明があり、慌てて写真撮影。

 中尾(東京都西部公園緑地事務所工事課長)、齋藤(同・工事課長代理)両氏が前回に引き続き説明役でした。





まずこれまでの経緯が説明されてから、新たな改定案が示されました。


東京都が提示した新たなトイレ案

・半径150mをトイレの利用範囲としている
・位置について、資料のA,B,C各地点で検討を行なった
・トイレ機能のみ(休憩所は無し)、女子1、男子1(座)+1(立)、誰でもトイレ1
・設備の規模はおおむね5m×2.5m
・場所について、当初のA地点は無し、B地点は樹林地であり樹木伐採の必要が生じるため無し。
C地点に最小限の機能のトイレを設置する
・スケジュール予定は、平成30年設計、31年工事





当初の案からは場所も大幅に変更になり、はらっぱの真ん中ではなく、公園の端の方に移動し、規模も縮小したことで安堵もしましたが、体育館での説明だけでは場所がはっきりわからないので、説明会終了後に夜ではありましたが、東京都の案内で見に行くことになりました。


市民からは賛否両論の意見が

説明会は続き、「武蔵野公園の西側出入口付近にトイレは必要。トイレがなく木陰などで済ませてしまう人もいてとても迷惑している」という近隣の方からの意見や、「説明会に来られない人も大勢いる。事前に案を示してほしい」、「前回の説明会でとったアンケートではトイレはいらないという回答の方が多かったのに、今回の説明会では作るありきなのはどうしてなのか」など、激しい意見がたくさんでました。高校生からも「長く武蔵野公園の近くに住んでいる。これ以上の公園整備はいらない。木は切らないで欲しい」という強い希望が述べられました。

トイレ整備の結論としては、トイレの場所は大幅に公園の端に移動し、規模も小さくなり、前回の説明会、その前の府中での公聴会で、近隣住民が反対意見を述べたことは大きな成果でした。

しかし、公園整備計画の問題が残っています。今回の説明会でもトイレ欲しい派と、トイレ不要派(みんな同じ意見ではないと思うが)に住民が分かれているのが印象的でした。その二極化は、いらない派は原っぱの景観にトイレ不要というのが一番だと思いますが、それと合わせて「公園整備計画への不安」というのがあると思っています。この春に東京都が発表した武蔵野公園の整備計画は、免許試験場を野球場などのスポーツ公園とし、武蔵野公園には都市計画道路が通る計画ありきで、大幅な整備がされる計画です。お花畑ができたり、現状の森を伐採して、新たな植林をするなど、今の公園の景色はほぼ失われるような計画です。トイレなどの施設もたくさん建設され、観光客などがたくさん訪れても対応できるような仕様にしていこうと感じます。このトイレ計画もその整備計画につながっているのではないかという不安があるから、東京都へも多くの市民が詰め寄るのです。しかしそれについての具体的な回答はありませんでした。都市計画道路計画と合わせて公園整備計画についても今後とも注視していかなければなりません。


武蔵野公園整備計画を心配する子育て世代

今回の説明会で気になったのは、ご年配の方々と比較的若い子育て世代との情報格差です。トイレを整備して欲しいといっている方のほとんどはご年配の方々で、子育て世代はトイレを作ることに危機感を持っている人が多数でした。この現象はどうして起きたのかと考えると、公園整備計画のことはほとんどネット情報で、市報や新聞など年配の方が情報を得る媒体には出ていないことが原因ではないかと感じました。

公園整備計画は「緑の量」が減るわけではなく、「緑の質」が変わる整備計画だと思っています。今よりもより人工的な緑への変化です。それだけにちょっとわかりにくく、整備して歩きやすくなったり、トイレにすぐ行けたりする方が便利と考える方もいるかもしれません。そういうこともあり道路計画よりも、問題を伝えにくいのが公園整備計画なんだろうと思います。もっとこの計画を広く、ご年配の方にも知っていただき、なぜこんなにトイレに過敏に反応しているのかもご理解いただけるようにしていかなければと感じました。市民同士助け合わなければはけも公園も守ってはいけません。

東京都が発表した武蔵野公園整備計画図にわかりやすくポイントを記したもの。


今回、説明会が日曜日の夜18:30からということで、東京都は託児を設けてくれました。それはとても良かったと思います。ただこの開催日時で良かったのか、事前に計画図を示すべきではなかったか、録音禁止、撮影は冒頭だけにしたのは納得できないなど、問題点もありました。東京都、公園とは今後も話し合いを続けていきたいと思います。
                            (報告・安田、横須賀)

2017年7月7日金曜日

都議会議員選挙の結果をふまえて

【7/2都議選】
小金井選挙区からは、都民ファーストの会公認の辻野栄作氏が当選しました。

つじの栄作 16,039(当選)
漢人あきこ 13.531
広瀬 まき 11,293
朝倉 法明   4,879
うちこが宏   1,242

辻野新都議、道路問題については無回答。
これから市民の声を傾聴

はけ文が行なった公開アンケートの辻野氏の回答は、道路推進でも見直しでも廃止でもなく、無回答。自由記述欄には「いろいろなご意見を傾聴し都市計画道路のあり方を熟慮します。その中で小金井市の自然や歴史などには配慮が必要と考えます。」と記されています。

この回答について、告示前の6/17に、せめて無回答の理由を有権者に示してほしいと思いお電話で直接お話しました。辻野氏は「小金井の道路についてはこれから勉強します。分からないことを無責任に答えられない。ただみなさんのお話は真摯にお聞きします。」といった趣旨のお答えでした。

はけ文の質問状には、道路計画の経緯が分かる資料や、都知事選のときの小池百合子氏の回答全文も添付しました。小池氏は公開アンケートで、「とりわけ地元から強い疑義が提起されている路線を実際に巡視し、地域住民の皆様とも対話し、優先整備路線に位置付けることが不適切だと判断される路線に関しては、大胆に見直しを進めていきたい」と公約していますが、知事に就任してから1年近くになる現在においても、実現されていません。

はけ文としては、はけの大切さや小金井市民の想いを新しい都議にお伝えし、同時に小池都知事にも公約をまもっていただけるよう、引き続き積極的に訴えていきます。

小金井に絡む都政の問題としては、武蔵野公園の整備計画があります。公園整備と道路問題は切っても切れない関係にあると考えています。武蔵野公園の里山的環境が損なわれる可能性があることをお知らせし、はけ周辺の環境について、一緒に考えていただけるよう、辻野氏に働きかけます。

小金井選挙区のたった一人の都議  
小池都知事へのパイプ役です。

伝え聞いたところによると、辻野氏は近日中に小金井市内に引っ越してくるとのことです。
小金井のことはよくご存じなくてこれから勉強するとおっしゃっていたので、色々とお伝えできればと思います。

たった一人の小金井選出の都議が、市民と交流し地域の声を都政に届けてくれることを期待すると同時に、
都政でどのような働きをしてくれるのか、お任せにせずに私たちもしっかりと注視していきたいと思います。

今後も都市計画道路反対の勢いは緩めず!
都政改革とともに!

はけ文としては、今後も都政の動向に注目し、みなさんへ情報提供していきます。
道路問題、はけと野川に関心のあるみなさん、
引き続き、どうぞよろしくお願いします。







〈都政にからむ今後の予定〉
武蔵野公園はらっぱトイレ新設の説明会
7/9午後6時半~@南小学校体育館
関心おありの方、ぜひご参加下さい。

2017年6月22日木曜日

都議選バナー作りました!

いよいよ明日から都議会議員選挙、選挙戦スタートです!
小金井選挙区用のフリーバナー作りましたので、ご自由にお使いください。
SNSで発信したり、期間限定カバー写真にしたり。都議選盛り上げて行きましょう!!




東京都議選に向けてアンケートを実施しました。





はけの自然と文化をまもる会では、東京都議会議員選挙小金井選挙区出馬予定者に、都市計画道路についての質問を実施しました。

6/5書面を郵送。
回答はファクス(朝倉、辻野、広瀬)、メール(漢人)、回答なし(うちこが)

--------------------------------------------------

【質問】
*参考資料として、都知事選の時の小池百合子知事からの回答、小金井市議選の時の市議からの回答を添付しました。

小金井市選出の都議として当選した場合、都市計画道路「小金井3・4・1号線」及び
「小金井3・4・11号線(外)」に関して、どのような行動をとりますか。

① 下記選択肢から番号を選んでください。

1. 計画を推進する
2. 計画の見直しを求める
3. 計画の廃止を求める

② ①の理由と、行動の内容を具体的にお答えください(字数無制限)

--------------------------------------------------

【回答】※到着順

●朝倉法明 無所属・共産党推薦


①回答 「3」 計画の廃止を求める

②私は、ガーデナー・造園業者として、小金井市内で35年間にわたり仕事をしてきました。自然の大切さや動植物への思いは人一倍です。「ハケ」の近くの農業者の方とも付き合いがあります。国分寺外線(はけ)の自然は、かけがえのない貴重なもので、これを壊すことは許せません。

しかも、50年以上も前の都市計画道路で、すでに時代や社会状況は大きく様変わりしています。宅地化が進み、交通量や自動車台数も減少傾向です。自然を壊してまで大きな道路をつくる必要性はすでになくなっていると考えます。

計画決定にあたってのパブリックコメントでは、2つの路線とも95%を超える廃止・見直しの意見で、市民の理解が得られているとは言えない状況です。

地権者のみなさんからも、突然の優先整備路線への指定で、「寝耳に水」との話を聞いています。

待機児童問題や少子高齢化による介護や高齢者福祉の問題などが切実な課題です。都市計画道路建設に莫大な税金を投入するよりも、他に優先して税金を使うべきです。その点からも、2つの都市計画道路には反対します。

都市計画道路そのものの必要性を検討して、私は計画そのものの廃止を求めます。

そのために、①小金井市内の都市道路計画3・4・1号線、3・4・11号線について、計画中止を求めて、市民の皆さんと一緒に運動に取り組みます。とりわけ、改定時期を迎える小金井市の都市計画マスタープランの議論は重要だと考です。市民のみなさんと小金井市のまちづくりのあり方を一緒に考えていきたいと思います。都議会でその内容を届けます。

②都議会で、小池都知事に対して、2つの路線の計画中止を求めるとともに、ぜひ現地視察に来ていただくように求めます。③東京都の都市計画道路そのものの計画について、これからの時代に合った道路行政のあり方を提案し、不必要な計画の見直し・廃止を求めます。すでに他の自治体では見直しを行っています。

以上


-----------------------------------------------


●辻野栄作 都民ファーストの会公認




①回答 未記入

②いろいろなご意見を傾聴し都市道路計画のあり方を熟慮します。
その中で小金井市の自然や歴史などには配慮が必要と考えます。


-----------------------------------------------


●広瀬まき 自由民主党公認



①回答「2」計画の見直しを求める

②はけの自然は市の宝であり、はけを保全し次世代に受け継いでいくことは非常に重要だと考えております。 都道は市域を広域的に都が主になって作られるもので、小金井の道路の見直しをするのみではなく、 都の道路計画を全体として見直すことにならなければ、市内の狭隘な道路に市外からの車が入り込んで 危険を及ぼすことになりかねません。 はけの自然の希少さ、素晴らしさを改めて再認識し市民の皆様と共有すると共に 、連雀通りをはじめとする交通の安全への配慮を訴えてまいります。

都知事に対し、小金井市での説明会開催と市民意向調査の実施を求めてまいります。


-----------------------------------------------


●漢人あきこ 無所属



①回答「3」 計画の廃止を求める


①の理由
市の南部に広がる、はけ(国分寺街宣)や野川、湧水や雑木林や坂道の自然環境は、都市部に残る貴重な生態系です。ドブ川となっていた野川の清流への復活、様々な水枯対策、地下水涵養のための雨水浸透枡の全国的にも飛びぬけた設置率、先進的な湧水・地下水保全条例の設置など、この環境は市民と行政による熱い思いと努力によって守えられてきたものです。この大切な里山的環境は、責任をもって次世代に渡していかなければならないと考えます。

<行動の内容>
①まず私の当選が、都市計画道路はいらないという小金井の民意の表れであることを小池知事に伝えます。
②小金井市議会、市長と連携して、小金井市民の要望が実現するよう、小池知事、建設局に不断に働きかけていきます。
③昨年の知事選の際の公開質問状への回答に従って、小池知事の現地視察と計画の見直し、廃止を求めます。
④建設局と小金井市民の対話する場を実現するよう働きかけをします。
⑤都市計画道路をめぐる東京都の動き、情報などを小金井市民に報告、提供します。
⑥小金井市民の疑問、不安を、東京都に届けます。
⑦都内各地の都市計画道路に反対する市民運動との連携をはかります。

--------------------------------------------------------

●うちこが宏 無所属




うちこが宏氏が一番最後に立候補を表明されましたが、短い間にご回答はいただけませんでした。小金井道路を考える市民の会様は素早く対応されそちらには回答されていますので、こちらのアンケート結果をご参考になさってください。


ぜひ投票に行きましょう!




NHK「新日本風土記」にムジナ坂、富永さんが登場!

【ムジナ坂・富永一矢さんが登場します!】
日本の文化・風習・風景などを後世に伝える番組、NHK「新日本風土記」
明日放映のテーマは「武蔵野」です。
都市計画道路予定地に住む富永一矢さんが、はけの風景とともに登場します。
微力ですが、はけ文でコーディネートをお手伝いをさせていただました。
富永さんは小金井のはけの象徴のような方であり、
作家・大岡昇平さんとの交流や、はけの原風景のことなど、
語られる内容は昭和の歴史そのものです。
ディレクターさんによると、そのお人柄が伺える映像が撮れたとのこと。
登場は短い時間ですが、ぜひご覧ください。
6/23(金)夜8時〜
NHK BSプレミアム
再放送 毎週金曜 午前8時
再放送 毎週木曜 午後11時45分
お見逃しなく!!
詳しくはこちら
http://www4.nhk.or.jp/fudoki/x/2017-06-23/10/33824/2148201/