2018年4月2日月曜日

「費用対効果の試算なし」に住民あぜん 小金井都道計画説明会レポート

3月25日(日)、3月26日(月)の2日間、はけと野川を分断する都道3・4・11号線の整備に向けた説明会が小金井市立南小学校体育館にて開催されました。
25日は午後2時からということで、体育館いっぱいの市民が集まり、東京都の概算発表では200名、26日は平日の夜7時からだったので約100名の参加がありました。
(正確な参加人数は4月中頃に東京都のHPに発表されます)

市民でいっぱいの体育館。紅白幕があるのは卒業式と
入学式の間の時期に体育館を借用したから。


説明会の様子を、はけ文会員でジャーナリストの斉藤円華さんに報告していただきました。ぜひお読みください。

-------------------------------------------------


小金井都道計画(3・4・11号線)にかんする東京都建設局主催の住民説明会が3月25日(日)、26日(月)に市内の東小学校で行なわれた。都は都道建設の目的として渋滞解消や防災などを強調し、工事にともなう環境配慮も説明。しかし参加した住民とのやり取りの中で、それらの主張がきわめて根拠に乏しいことがわかった。


■計画の無根拠さが次々明るみに

説明会で都は3411号線を整備する必要性として、これまでと同じく●広域道路網の整備●周辺道路の渋滞緩和●クルマの抜け道の交通量抑制による良好な居住環境●防災対策、を挙げた。

これに住民からは、「ネットワーク(広域道路網)の整備ありきで、何のためにという住民の視点が抜け落ちている」「交通量調査では交通量が減っている箇所もある」「マイカー保有台数は減少傾向。都道が出来るのはだいぶ先であり、その頃には交通量が減る可能性もある」「50年以上前の道路計画。防災対策は後付けの理由だ」「必要性の論理をしっかり示して」などと反論が相次ぐ。

ところが都は、こうした意見を説得できるような説明をせず、「将来的には交通量は減るのは事実だろうが、都の持続的発展のためにこの道路は必要と考えている」(都建設局課長)などと言うばかり。そもそも交通量が今後減るならば、巨額の税金を投じ、住民に大きな負担を強いてまで今回の都道を作る必要があるのか。

また、「今回の都道計画にはいくら建設費用が掛かるのか。概算でもいいから示して」との住民意見にも、都は「費用は持ち合わせていない」。そもそも論は徹底して回避しつつ、「住民の理解を求めたい」と言いながら都道計画をごり押しする都の姿勢がこの場でも際立った。

都道説明会に臨む東京都建設局の出席者。


ちなみに都は3411号線ができれば、いずれも広域避難場所である小金井公園と武蔵野公園が結ばれることで「地域の防災機能が上がる」という。しかし、それを裏付ける根拠はやはり都から示されない。「後付けの理由だ」と言われても仕方がないだろう。「環境配慮」も、都環境局などとの協議を経ていないことが21日の回答説明会でわかっている。

住民と都のやり取りの山場は2日目に訪れた。住民の1人が「都として今回の都道計画の必要性を検証したのならば、費用対効果の試算を示してほしい」と迫ると、何と都はこれについても「持ち合わせていない」と回答。会場は騒然とし、質問者も「この計画は数字も何もなく決めたのか。都は私たちに『理解して下さい』と繰り返すが、数字も何もなければ理解しようがない」と呆れたように話した。


■強引な進行にヤジ轟々

こんかいの説明会で目立ったのが、都の強引な進行だ。概要説明はスライドと録音した音声で行ない、住民から「そんなのおかしい」「納得できません」などと異論が出ても止めない。また、質疑応答は1時間だったが、発言を求めて多くの住民が挙手していたのに、司会は「残り3人で打ち切ります」。会場撤収などの事情はあったにせよ、時間が短かすぎたと言わざるを得ない。

さらに、都の説明に納得できない住民のヤジには「静かにしてください」と繰り返すのみ。すでにふれたように、都の説明は「決定ありき」で、その根拠が住民に十分示されていたとはとても言い難い。そのため、住民の不規則発言が相次いだのはやむを得ないことといえた。それを無理やりねじ伏せて議事が進む様子は、今回の都道計画のずさんさを際立たせているように見えた。


都建設局の事業化調整専門課長(左)と工事第一課長(右)。
このほか課長代理も随時発言した。



■その時市長と都議は? 問われる小池都知事の「公約」

パブコメで2000通以上の意見が寄せられ、市議会では「計画見直しを含めた話し合いの場を求める」とする意見書が全会一致で採択されている(※)、小金井都道計画。環境や住民への影響など、市民の関心は非常に高い。市民の代表である小金井市長、小金井市選出の都議会議員は説明会に足を運んだのか。電話で確認してみた。

市長は会期中の市議会への対応のため、との理由で2日間とも欠席。都議は「都建設局から報告は聞いている。(私とは)面識もなく、都道計画は微妙な問題のため出席したかどうかは会って話したい」と話し、出欠を明らかにしなかった。

公人である都議が、公の行事への参加について「面識がない」などとして事実確認を避けるのは、一体どうしたことか。私の周囲で、会場で都議を見かけた人はいなかった。やはり電話で都議に問い合わせた人によれば「参加していなかった」という。

首長や議員が現場に足を運ばず、行政担当者の報告のみを聞くとすれば、行政のフィルターで選別された、あるいはバイアスのかかった情報しか耳に届かない懸念がある。

いずれにせよ、住民の関心が高い都道計画をめぐり、住民の代表である首長や議員がどう振る舞っているのかを、随時チェックする必要がある。都道計画に限らず、地域が抱える問題の解決に向けてどんな仕事をしているかは、次の選挙でだれに投票するのかを決める重要な判断材料となるからだ。

ところで選挙と言えば、思い浮かぶのが小池都知事だ。小池氏は、都知事選での住民アンケートに次のように答えていた。

「とりわけ地元から強い疑義が提起されている路線を実際に巡視し、地域住民の皆様とも対話し、優先整備路線に位置付けることが不適切だと判断される路線に関しては、大胆に見直しを進めていきたい」

この公約はいまだ果たされていない。小池氏は「実際に巡視」せず、都建設局は「地域住民の皆様とも対話」せずに「理解して下さい」と繰り返すばかりだ。説明会で、小池氏のアンケートについて質した参加者は、続けて次のように訴えていた。

「アンケートの回答を見て、都道計画について真摯に考えていると思い小池氏に投票した。それが都の検討だけで方針を変えて計画を進めるのであれば、今後は都知事の発信する内容をすべて疑ってかからなければならない。(現状では)ただ票を集めるために選挙では調子のいいことを言っていた、と思われても仕方ない」。言いっぱなしは許されない。

(※)2017年9月と12月。また、都道説明会終了後の2018年3月28日にも3回目の意見書が採択された。いずれも全会一致。

               
                斉藤円華(市内在住・ジャーナリスト。はけ文会員)


2018年3月22日木曜日

都庁にて都市整備局と建設局が出席して回答説明会が開かれました。

3/20(火)、都市計画道路を考える小金井市民の会(以下市民の会)主催で、都庁で説明会が開かれました。
これは市民の会が都に出した、小金井市の2本の都市計画道路の必要性に関する質問に対する回答(2017年8月)が不十分だったため、直接の説明を求めていたものの応じられず、やっと開催にいたったものです。計画を決める都市整備局と、道路を作る建設局が同席する場は、極めてまれです。
今回は、白石たみお都議(品川区選出)のご尽力により、この場が実現したとのことです。




都市整備局からは沢井課長以下2名、建設局からは意見交換会にも出席していた徳差課長以下2名。市民側は42名の参加で開かれました。市民側からは、様々な意見や質問が出ましたが、残念ながらどれひとつとっても納得できる回答はありませんでした。「見直すつもりはない」というのが都の一貫した態度であり、私たちが危惧し訴えている犠牲について「トレードオフ」の言葉を繰り返し、事前検討もしていないということがよくわかりました。十分検討したうえでの決定ではないことが明らかで、整備を前提として「ご理解いただきたい」と言われても、到底納得できるものではありません。以下に都の言い分を記します。



〈パブコメの意見が反映されていないのはなぜか〉

沢井課長:多くの路線がある中、ひとつひとつについてていねいに、というのは難しい。出された意見を取り入れる、取り入れないではなく、“ふまえて”、優先整備路線を決定している。賛成や反対などあらゆる意見がある。その時々の施策で様々な要因もある。〇×では無く、パブコメでの意見を受け止めながら未来に向かってどう進むかを決めている。

(意見交換会で『パブコメの意見は反映されていない』と発言したことについて)

徳差課長:意見交換会での発言は、反対意見が多数ではあったが優先路線に選ばれたと発言した。言い過ぎたので誤解を与えたところもある。私の個人の意見ととらえて欲しい。




〈都市整備局はなぜ意見交換会の参加要望に答えないのか〉

都市整備局と建設局は一体となって取組んでいる。しかし役割が違う。合理的に進めるためには、分担しなければマンパワーが足りない。持ち場としては建設局の仕事。今後は必要性について建設局でも説明をしっかりやっていく。整備局がその場にいないから議論できないということではないと考えている。
見直しは検討しない。必要性についてしっかりと説明し、路線の置かれている状況をつまびらかにし、理解を求めていきたい。


〈自然保護の観点から、事前に環境局と協議はしたのか〉

トレードオフの関係と思うが、事前に協議をしたかと聞かれると協議はしていない。
協議は、あくまで、これから事業化していく段階で協議してくいくことになる。
計画上、都市計画線は決まっている。全く無視して計画を作っているということではない。


〈延焼遮断帯について。小金井の風向きを知っているか※〉

平成15年の消防庁のシュミレーションは東京全体での検証となっている。個々の風の向きではない。小金井の、というのは把握していない。
※3・4・11号線を延焼遮断帯とすると、南北の風の通り道となり、延焼を助長する恐れがある






これらの東京都側の言い分はどれも「道路計画は十分検討した上で決定したわけではない」ということを示しています。25、26日の南小での説明会ではこれらを踏まえ、市民の意見を述べて、東京都を追求していきたいと思います。ぜひ多くの市民、都民の方にご参加いただいて、東京都の話を直接聞いていただきたいです。

都市計画道路を考える小金井市民の会の皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

                               (報告、安田桂子)

2018年3月14日水曜日

都庁で「都市整備局」からの説明会が開かれます。

意見交換会への出席を頑なに拒んだ都市整備局が、
建設局とともに市民へ説明する場が開かれます。
またとない機会です。
みんなで都庁に乗り込みましょう〜!!!
______________________
質問に対する回答説明会
3月20日(火)
11:00-12:00
(10:30から下記会議室で事前打ち合わせを行います)
会場
都庁・議会棟2階 第2会議室
(議会棟入口で市民の会世話人が案内致します)
都・出席者
●都市整備局街路計画課・課長、及び課長代理2名
●建設局計画課・課長、及び課長代理2名
会場/都庁議会棟2階第2会議室
主催/都市計画道路を考える小金井市民の会
市民の会が東京都に提出した質問状に対する回答説明会が開催されることになりました。 昨年7月に東京都に提出した市民の会からの質問に対して都からは 8月31日に都市整備局 と建設局の連名で回答があり、両局は後日、回答説明会をおこなうと表明していました。しかしながら、突然の都議選と総選挙等で説明会は延期になっていました。その後、都側は回答説明会の開催を拒んでいましたが、2月26日の市民の会の「意見交換会への抗議声明」提出と抗議の面談及び、同日の都議会会派訪問での回答説明会実現の協力要請の結果、都市整備局の担当者も出席する回答説明会が行われることになりました。
どなたでも参加できます。みんなで参加しましょう!
人数制限等は一切ありません。


2018年3月11日日曜日

都市計画道路3・4・11号線外の説明会について東京都が正式告知しました。

ギリギリまで日程と時間を発表しなかった東京都。ついに正式な時間が発表になりましたのでお知らせします。

3・4・11号線 整備に向けた説明会
時 :2018年3月25日(日)14:00-15:30
   2018年3月26日(月)19:00-20:30
会場:小金井市立南小学校体育館
主催:東京都建設局 道路建設部計画課


今回の説明会について「意見交換会の内容を広く情報提供するとともに、小金井 3・4・11号線の概要説明と参加される方々との意見交換を行う説明会」と東京都は言っていますが、東京都が2回開催したと言っている意見交換かいは参加している公募委員の多数はこの意見交換会は成立していないと考えています。「道路は作る」ということが大前提の意見交換会で今度開かれる説明会も東京都はその前提で説明するでしょう。
この道路について意見を言いたい方は最大の機会です。ぜひいらして東京都に思いをぶつけてください。「意見なんて言えない」と思われる方も傍聴者が多くいることもとても大切なことですので、ぜひぜひ南小体育館に御集りください。
よろしくお願いします。






2018年3月4日日曜日

伐採する木を確認する立会い


武蔵野公園団体懇談会の3日後の3月1日、西部公園緑地事務所管理課から連絡があり、「ムジナ坂の東側の東京都管理地内の枯れ木を6本伐採する予定があるので、見にきてほしい」と要請がありました。はけ文とほたる村に連絡が入りましたが、今回は急だったこともありはけ文だけの参加になりました。安田、横須賀、はけ文の相談役の鈴木浩克さんにも立会いをお願いし、三人で夕方、ムジナ坂に集まりました。

東京都の職員と実際に施工する造園会社の方と5名の方々の案内で、ムジナ坂東側の林に入りました。ムジナ坂の東側にははけの道に面して住居があります。その上の林の木が枯れて住居の屋根に向かって倒れているので、危険を取り除くために伐採の必要があるとのことでした。実際に見てみると確かに枯れて倒れており、危険を感じる状況でした。

民家の屋根の方向に倒れかかる木。
 しかしそれらの木を切るために、足場を組むため周囲に生えている孟宗竹もかなり切ることになり、林がかなりすっきりとしてしまうと予想されます。昨年、ムジナ坂沿の木も枯れていることを理由に伐採されましたが、2本切るために周囲の雑木も切ってしまったので、かなり寂しい状態になってしまいました。

赤いテープが巻かれた竹が伐採されます。
切るのは最低限に留めてほしいこと、そして切った木はできるだけそのままその場に倒して朽ちさせてほしいとお願いしました。枯れ木は昆虫や菌類の住処になるからです。虫の減少が全国的に問題になっています。虫が減ることでそれを食料とする野鳥も減ってしまうからです。野鳥たちの住処である「はけ」の緑をできるだけ減らさないようにしていただきたいとお願いしました。
そして元気に見える木にも番号がふられていて、「これはなんできるのでしょうか?」とやりとりするうちに健康な木が間違えて切られることになっていたことが発覚!間違いは誰にでもあることですが、危なく健康な木を切ってしまうところでしたので、二重にチェックすることにしていただけてよかったと思いました。

説明を受けるはけ文メンバー。
今回、立会いをしてもう一つ判明したことが、ムジナ坂の東側にフェンスをつける予定だということです。この場所は東京都の管理地で、公園予定地ではありますが、まだ管理は公園ではなく東京都の管理です。そういう場所は整備する前段階として「管理」するためにフェンスで囲むものなんだそうです。しかしムジナ坂の横に高さ180cmものフェンスがつくのは受け入れ難いことです。その場でも「ここは小金井市の文化財のような場所です」とお話ししましたが、「管理なので」という回答しか得られませんでしたので、改めて文書でお願いをしました。今後もフェンスについては変更してもらえるよう要望していきたいと思います。
後日、東京都の西部公園管理事務所にお願いの文書を出しました。今後も他の市民団体と共に公園に要望と働きかけ、連携をしていけたらと思っております。

作業期間 3/5〜26
作業概要 枯木7本と竹167本を伐採、作業用足場5カ所
作業に関する問い合せ先:東京都建設局西部公園緑地事務所管理課 ☎0422-365-6954








                                       (報告、安田、横須賀)

武蔵野公園団体利用者懇談会に参加しました。

武蔵野公園団体懇談会は武蔵野公園で活動する関係団体及び管理者間での情報共有や意見交換を目的として一昨年から実施されているとのこと。今年度は2月26日(月)に開催されました。武蔵野公園指定管理者の西武・武蔵野パートナーズの主催で、東京都建設局西部公園緑地事務所管理課課長代理の宮﨑猛氏(課長代理)と同課の渡辺朗氏(武蔵野公園担当)を交え、ほたる村や野川自然の会などの自然系、遊パークやわんぱく夏祭り、貫井南児童館、まえはら学童、南小見守り班などの子ども系、はらっぱまつりやはけのおいしい朝市などのイベント系、その他に東町五丁目町会など、計16団体20名程が参加していました。はけ文は代表の安田、会員の松山が参加、副代表の横須賀ははけのおいしい朝市から参加しました。

会場は野川公園自然観察センター


はじめに西部・武蔵野パートナーズより今年度の取り組みとして、園内のサクラ再生プロジェクトや生物多様性モニタリングなどについてプレゼンがありました。
続いて各団体の活動紹介を行い、はけ文は道路問題と活動概要の説明&チラシ配布、その後「はけ&はらっぱの今後の管理について」と題した意見交換が行われました。




「はけ」については、公園北側の閉鎖管理区域の管理のあり方を問うもので、冒頭西部・武蔵野パートナーズより竹の大量伐採とそれによる成果(ギンラン等希少種の増加)について説明がありました。「はらっぱ」については、くじら山ふもとの野川沿いのカンタン保全やコスモス畑跡地の在来種植生再生の取り組みについて同様に説明がありました。
はけ文からは、先日のフィールドワークでお世話になった野鳥観察家の鈴木浩克さんにご協力頂き取りまとめた意見書を事前に提出しました。
参加者からは「黒い(深い)森を」「多様な景観の森を」「閉鎖管理区域に入れるようにして欲しい」「保全と利用のバランスを」などなど色々な意見が出ましたが、特に試験場側のケヤキやシラカシの巨木を60本程勝手に切ったことに非難が集中し、はけ文から「1本づつマーキングして伐採前に必ず市民団体へ相談して欲しい」と提案。他団体からも賛同の声があり、西武・武蔵野パートナーズも「検討します」と返答しました。
竹を一遍に大量伐採したことについても「暗い森を好む動植物が住めなくなる」希少種だけに着目せずに多様な生態系を」との意見が挙げられ、今回の伐採地の西側ムジナ坂との間に残る部分については慎重に進めるよう要望が出されました。

道路問題と整備計画についてはけ文から東京都に質問したところ、「(縦割りで申し訳ないが)公園管理部門なので答える材料が無い」とのこと。
東京都という一つの組織の中で普段公園を管理している部署に相談が無いことは納得できない、(横の繋がりをもって)公園管理の視点から積極的に働きかけて欲しいとの意見を要望しました。

全体としては、このような公園のあり方について情報や意見を交換する場が重要であって、これからも重ねていく(必要に応じては小規模な分科会的に)との話になりました。

                       (報告・はけ文、松山勇樹、横須賀)


2018年2月28日水曜日

3・4・11号線 整備に向けた説明会が行われます!!

【3・4・11号線 整備に向けた説明会】
東京都建設局は、2度に渡り平行線に終わった“意見交換会”のち、大規模な説明会を準備しています。正式発表はまだですが、2/22に2日間の説明会のための業務委託を(株)フェスタル関東が、140万4000円で落札しました。
開催時間はおおよその予定なので、詳しくは市報3/15号でお確かめください。続報が入り次第、こちらでもお知らせします。
※画像は、当会が作成したイメージ図です。
東町5丁目の現道の全くないところを住宅を立ち退かせて、はけを分断し野川、武蔵野公園の野球場をどかせて東八道路まで抜ける道路計画です。
構造について、東京都は橋梁のイメージを示していますが、詳細は未定です。
幅員18m、交通量は一日に1万台以上。
____________________________________________________
3・4・11号線 整備に向けた説明会
時:2018年3月25日(日)14:00-15:30※
  2018年3月26日(月)19:00-20:30※
※時間は予定
会場:小金井市立南小学校体育館
主催:東京都建設局 道路建設部計画課

この問題を広く知っていただくため、はけ文では説明会の日時を知らせるチラシを作成しました。これから小金井市内外の方々に拡散していきたいと思います。SNSなどでぜひご協力ください。