2018年2月20日火曜日

【市民が作る自主講座】第3回フィールドワーク報告


今年度の自主講座の最後は武蔵野公園のフィールドワークでした。1月21日(日)10〜12
時、講師に野鳥観察家の鈴木浩克さんとキノコに詳しい井口七穂さんを迎え、武蔵野公園
内を散策しました。
はけ文メンバーの安永千秋さんの感想文です。ぜひお読みください。



穏やかな武蔵野公園を散策
その日はあの、都内に大雪が降った前日の日曜日だった。武蔵野公園の上に広がる空は
穏やかに晴れていた。集合場所に着くと、もう子供を含めて沢山の人達が集まっていた。
野鳥観察家の鈴木浩克さんの話を聞くのは2回目。一度目は屋内での講演会だったが、今
回は武蔵野公園で実際に鳥を見ながらという事で、とても楽しみだった。

スタート地点で今日の概略を説明する鈴木浩克さん。
右となりは井口七穂さん。

私は自分の家の庭に来る鳥や、散歩の途中で見かける鳥を眺める位で、バードウォッチン
グらしい事はしたことがない。集まった皆さんが双眼鏡やカメラを提げているのを見て、
しまったと思ったが、鈴木さんが用意してくださった望遠鏡のおかげで、ちゃんと野鳥を
見ることができた。

  
同じサギかと思ったら
武蔵野公園を野川に沿って歩き始めて、すぐスズメやカルガモ、ツグミ、ジョウビタキ等
が見られた。田んぼを挟んではけの斜面に生えている木に、アオサギ、ダイサギ、コサギ
が止まっていた。サギ達はこのあたりでよく見るが、3羽そろっているのは初めて見た。
トビやオオタカなどの猛禽類もいるそうだが、こんな大型の鳥が生息するには、食料の魚
や小動物も相当数必要だろう。

はけの斜面にアオサギ、ダイサギ、コサギが並んでいた。
親子とかに見えたが違う種類のサギだった。
遠くのサギを観察。そして田んぼにくる鳥たちも。
子どもたちは日頃親しんでいる公園で遊びながら観察。

野鳥にとっての最良の環境とは
カラスについては、ハシブトガラスとハシボソガラスの鳴き声の違いを教えていただい
た。ハシブトの方が澄んだ声でカア〜、カア〜と鳴く。カラスに限らず小鳥もそうだが、
注意して聞いていると、必ずどこからか返事があって、鳴き交わしているのがわかる。人
間の脳は、関心のない情報をスルーしているらしく、車や電車の音に気が付かないことが
あるが、鳥の声に関心を持って聞いてみると、会話の内容を小耳に挟んだり出来るように
なるだろうか。
 野川を渡って公園の苗圃の側に入ると、コゲラがきれいな丸い穴を空けた木があった。穴
は一本の木に3つばかりもあって、幹には茶色い乾いたキノコがびっしりと付いている。
菌類が内部まで入り込んだ木は弱っていて、鳥にとっては穴が空けやすいのだそうだ。
様々な生物の住処にもなる。その意味で、枯れかかったり弱っている木も、すぐ切って処
分してしまわずに、そのまま置いておく事は大事だそうだ。無駄なものは自然界にはない
ということだろう。

コゲラが開けた穴を観察。気が弱っていてキノコも出ている。

折れた木の枝が木に引っかかっていた。
その先からキノコが出ている。

野鳥、植物の話をしながら公園整備についても
きちんと話してくださる鈴木さん。人のための整
備と野鳥のための整備は違うことがわかった。
武蔵野公園にはキノコがいっぱい
菌類に詳しい井口七穂さんには、いろいろなキノコを見せていただいた。木の下の地面に
生えていた、カップ型の黒いキノコは、教えてもらわなくては自分では絶対に気が付かな
かっただろう。木の幹に付く小さなキノコや、粘菌も。これから寒さが緩んで春になれ
ば、またもっと多様な生物が見られるのだろう。これは、せっせと見に行かないと勿体な
いな、と感じた。ただし、踏み荒らさないように気を付けて。




図解でとてもわかりやすくきのこについて説明して
くださる井口さん。






「この辺にあるはず」と私たちには全く見えないが
井口さんが落ち葉をよけるとキノコが出現。



コップのかたちをしたキノコ。


野鳥の話を通して感じた公園の重要性
鈴木さんの話で特に印象に残ったのは、カワセミの話だった。近年、武蔵野公園沿いの野
川でも見られるカワセミだが、元々は自然豊かな清流に住むイメージが強い。が、護岸工
事等で川の土手がコンクリートで固められてしまった所で、その間の排水口などに巣を作
ってみる「パイオニア」がたまにいて、それがさきがけとなって、生息域が広がり、種が
生き伸びるような事が起きているそうだ。野鳥も変化に適応しているのだ。個体差もある
し、コミュニケーションも取り合い、子を育てて生きている。
そうした生物の生きて行く場所を、自分たちの都合でひたすら破壊して来たのが人間なん
だなあ〜と思う。この調子で破壊や温暖化が進むと、本当に地球は保たないな。という事
に、みんな気づいてないはずはないのに。人間も生きていかなくてはならないが、もう少
し賢くなって対処しないと、先は長くないかもしれない。とりあえず私達に出来る事は何
だろうか?まずは、身近な環境と問題について、もっとよく知ることではないか。そし
て、他の人にもこの場所の大切さをもっと知ってもらいたいと思う。



貴重な経験を得られて、とても良い機会でした。鈴木さん、井口さん、はけ文の皆さん、
ありがとうございました。
                           (はけ文会員・安永千秋)



この日の参加者は大人27人(講師2・スタッフ3含む)、子ども5人、賑やかな観察会になりました。「野川自然の会」会員で野鳥に大変お詳しい丹羽康勝さんも双眼鏡を貸して下さったり、当日も終始サポートしてくださいました。ありがとうございました。


当日は野鳥、キノコの写真が撮れなかったので、別日に鈴木さんと井口さんが撮った
写真でご紹介します。
観察できた野鳥
スズメ、モズ(声)、カルガモ、ツグミ、ジョウビタキ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、カシラダカ、アオジ、カワウ、シメ(声)、ムクドリ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヤマガラ、コゲラ、カワラヒワ、トビ。


マヒワ。

カワセミ。

コサギ。

モズ。

ツグミ。

エナガ、巣立ち雛。

エナガ巣作り。



ハタケチャダイゴケ(ハラタケ科チャダイゴケ属)。

マヤラン。

ベニタケ科のキノコ。

ザラエノハラタケ近縁種(ハラタケ科)。







2018年1月30日火曜日

【2018年1月26日】意見交換会の報告

小金井都道計画は住民自治よりも着工優先か
 第2回「意見交換会」レポート

東京都建設局が1月26日夜に小金井市内で開いた、都道3・4・11号線計画の意見交換会。前回、住民側からの主な要望である「都道計画の見直しも含めて議論すること」「都市整備局の出席」を都が持ち帰り、検討することになっていた。今回、都はいずれも拒否し、都道建設が前提であるとの姿勢を強調。会は紛糾し、今回も都は計画の概要説明に入れなかった。

■回答遅延で文書配らず 「工作」駆使してゼロ回答

 会の冒頭で都は、前回持ち帰った要望に対する見解を示そうとした。ところが都は見解をプロジェクターで示すにとどめ、印刷して参加者に配布しなかった。しかもこの中で都は、計画の必要性について従来通りの主張を繰り返した。
 これに参加者からは「要望への答えになっていない」「イエス・ノーで答えて」などと発言が相次ぐ。私も「重要な説明なのになぜプリントがないのか」と質問したが、都担当者は「自分の口から説明したかった」と述べるのが精一杯だった。
 一連のやり取りで都は、●道路は必要であり、計画を前提とした意見交換を行なう●都市整備局は出席しない●パブコメの内容を踏まえて計画を進める、などと見解を示した。前回の住民からの要望に都は「ゼロ回答」した形だ。
 これに参加者からは「(結論ありきで)議論なんてありえない」などと反発。懸案だった都市整備局の出席など、前回からの持ち帰り課題に対して都は開催直前まで「検討中」として是非を明らかにしてこなかった。見解を資料配布しなかったこととあわせ、都がゼロ回答への批判をかわそうと、「工作」に腐心した様子がうかがえる。

住民側の要望に対する都の見解を説明する
東京都建設局の徳差宣・事業化調整専門課長(写真奥)。


■住民「納得行く説明ない」

「野川やはけ一帯は市民だけでなく都民にも貴重な自然遺産。外来種が14%しかいないのは極めてまれで、日本固有の生物種の遺伝子の宝庫であり、道路建設と両立しない」
「私は(道路計画地にかかり)家を取られる立場。人の生活を壊してまで道路を作る必要性がわからない」
「ほんとうに必要なら納得するが、大きな犠牲や払い費用を使ってやらなければならないのか」
「道路ができるのは30年、40年後になる。ちゃんと議論する場を設けて欲しい」
 都道計画に対しては今回も、参加者からこれらの意見や疑問が相次いだ。しかし都は、「(都市整備局が同席し、見直しを含めた議論を行なうよう昨年12月に)全会一致で可決した市議会議長の意見書を無視するのか」との指摘にも「届いており、拝見している」とのみ答えるなど、住民と対話する姿勢は希薄だった。
 一方で都担当者からは「通常ならば(まず)測量に乗り込む、というプロセスが普通」「そもそも論は考えていない」「事業ありきと問われれば、工事の着手を考えたい」などと、住民合意よりも着工を急ぎたい都側の本音が垣間見える場面もあった。

■地域で解決する枠組みを

 こうした中、参加者からは計画に賛成する発言も1件あった。「二枚橋近くに住んでおり、長年苦しんできた。防災、生活道路を考えたときにぜひ作って欲しい」。
 散会後、発言をした方に計画賛成の意見を直接うかがいたいと思い、あいさつをした。その方は「生活道路なのに交通量が多く困っている。そもそも論ではかみ合わない。計画予定地に住む人は、その段階で計画を知っていたのでは。(道路の必要性は)都が説明している通りだと思う」という趣旨のことを話してくれた。
 二枚橋付近の生活道路がクルマの抜け道になっていることは、私も小金井市民なので知っている。狭い道で、すれ違うクルマで道がふさがれそうになる場面も見かけた。しかし、小さくない環境負荷や住民移転をともなう形で新たに道路を作るだけが解決策なのか。

 
また、そもそも住民に計画予定地であることが事前に伝わっていたかは疑問もある。「はけの自然と文化をまもる会」の安田桂子さんはこう指摘する。
 
「私も何人かの地権者に話を聞いたが、不動産屋の重要事項説明は形ばかり。『50年以上放置されているのだから今さら都道はできない』などと言われて土地購入の契約に至ったケースもある。また、計画決定前から住む住民は、家を建て替える際に数回に渡り市役所に確認に出向いたが、毎回同じ「当分道路は出来ない」という回答だったと証言している。都は計画決定に際して、地権者への個別のお知らせなども一切していない」
 住民のあいだには様々な経緯や立場、考えがある以上、道路計画をめぐっても住民の利害がかみ合わないのは前提といえる。だからこそ住民どうしが話し合い、解決を探る必要がある。当日、参加者から「いろいろ課題はあるが『道路を作らずに解決できる手法を一緒に考えましょう』という説明会なら、私たちは一生懸命意見を言いたい」との発言があったことは明記したい。
 その手間をはぶき、テクニックを駆使して着工を急ごうとする行政の手法は、住民の間に亀裂をうむ。つまり今回の小金井都道計画で都は、防災や利便性向上という大義名分のもと、地域に分断を持ち込もうとしていることにならないか。都は3月の住民説明会開催に向け、すでに会場を仮押さえしているという。

 斉藤円華(市内在住、ジャーナリスト。はけ文会員)


*便宜上、第2回意見交換会と書いていますが、意見交換会は開催はされたけど成立はしていないというのが参加したはけ文としての見解です。



◎東京都からの出席者

【建設局道路建設部】
五反田八紘
今泉浩
得差宜

【建設局北多摩南部建設事務所】
梅津嘉忠
深津岳彦
中島和久

ほか、コンサルタント2名

◎小金井市からの出席者(オブザーバー)

【都市計画課】
田部井一嘉

大谷桂輔




2018年1月25日木曜日

【第2回】意見交換会のお知らせ

1月26日は第2回の「小金井都市計画道路3・4・11号線」に関する意見交換会です。
今回は30名の傍聴が認められました。18時から整理券を会場受付で配布するそうですので、ぜひお集まりください。

開催のお知らせ


第1回の議事録




2018年1月12日金曜日

3・4・11号線に関する意見交換会の傍聴

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

早速ですが、1月26日(金)午後7〜8時半、小金井市民会館、萌え木ホールにて意見交換会が行われます。今回は前回の反省を踏まえて傍聴席を30席用意してくれたそうなので、ぜひ傍聴にお越しください。
午後6時から整理券を配ります。先着順だそうです。

第1回の意見交換会で「道路整備を決めた都市整備局が参加しなければ意見交換の意味はないので次回は建設局だけでなく都市整備局も出席してください」と参加者側から要望しましたが、それに対する回答はありませんので、どんな会議になるかはわかりません。

『市報こがねい』平成30年1月15日号。

2017年12月30日土曜日

【市民が作る自主講座】第三回はフィールドワーク

1月21日(日)10時〜12時(9時50分野川公園北入口トイレ前集合)
「フィールドワーク 武蔵野公園整備の現状と野鳥観察」※親子でどうぞ
講師 鈴木浩克さん(野鳥観察家)

今年5月に大規模な整備計画の方針が出された都立武蔵野公園の現状とこれからを現地で確認しながら、はけ周辺の生きものの視点も交え、バードウオッチングしながら楽しく園内をめぐります。
双眼鏡など観察道具をお持ちの方はご持参ください。
鈴木さんと一緒に井の頭公園で活動しているきのこに大変お詳しい方も一緒に歩いてくださいます。すでに武蔵野公園でも菌類の調査をしてくださっているので、珍しい菌類を色々教えていただけるそうです。

<お申し込み>
先着20名
必要事項を明記のうえ、メールにてお申し込みください。
hakebun☆gmail.com(☆を@に変えてください)
・代表者氏名と希望人数



2017年12月29日金曜日

【第2回意見交換会開催のお知らせ】

都市計画道路3・4・1号線の意見交換会の第2回が開催されます。
前回「道路を実際に作る『東京都建設局道路建設部』ではなく、道路を計画した『東京都建設局都市整備部』が出席して、道路の是非から話し合う意見交換会でなければやる意味がない」と参加者から意見が出て、会議は紛糾。実際は意見交換は行われませんでした。


前回は傍聴席が用意されておらず、参加者が交渉の結果、急遽用意されましたが、今回は最初から30席の傍聴席が用意されていますので、ご興味ある方はぜひ傍聴してください、傍聴はどなたでも可能です。
(意見交換会の参加者は前回と同じ抽選で選ばれた固定のメンバーです。)

日時:平成30年1月26日(金)19:00~20:30(受付開始18:30)
会場:小金井市市民会館「萌え木ホール」A会議室

ーーーーーーー

都市計画道路を考える小金井市民の会が、12月25日付で、都に対して下記を要望しています。 1. 次回の「意見交換会」には、「都市整備局」からも出席すること 2. 次回の「意見交換会」で資料を配布されるのであれば、事前に郵送すること
  (参加者への開催通知と一緒に送付すること)

*数日前に参加者に届いた第2回の出席依頼には東京都から誰が出席するのかは明記されておらず、資料も添付されていませんでした。

第1回の議事録は現在参加者が校正中。出来上がりましたら北多摩南部建設事務所ホームページに掲載される予定です。

2017年12月27日水曜日

自主講座「水をめぐる公共事業の現状とこれから」報告




平成29年度 市民がつくる自主講座(小金井市公民館主催、はけの自然と文化をまもる会企画)の第2回、「水をめぐる公共事業の現状とこれから」と題して、水ジャーナリストでアクアスフィア・水教育研究所所長の橋本淳司さんの講演会を12月10日(日)14時〜16時、貫井北公民館学習室ABで開催しました。
水をめぐる公共事業について熱く、とても楽しそうに話してくださる橋本さん。聴講者からのアンケートの回答には「楽しかった」「橋本さんのお話は核心をついていてとても興味深かった」「内容に密度があり時間が足りなかった」などの記入があり、関心の高い市民の参加が多い印象でした。





以下は講演会要旨です。


1 老朽化が進む水インフラ

・全国に張り巡らされた水道管の総延長66万キロ中、更新が必要なのは12・1%(2012年時点)。更新率は年間0・76%で全ての更新には130年以上かかる計算。土木学会の推計によると、「2040年までに水道事業を営む団体の91%に当たる1180団体が料金値上げを迫られる。小規模自治体でとくに影響が大きく、料金が2倍以上に引き上げられるところもある」

・下水管の総延長は約47万キロ。うち下水から発生する硫化水素の影響で腐食リスクが大きく、定期点検を義務付けられた管は約5000キロ。下水道管の老朽化に起因する道路陥没事故は年間3000件超。

・インフラをいかに維持するかという視点だけでは、根本的な解決にならない。人口減少期におけるまちあり方の見据えたインフラ整備がなくてはならない。




2 都市の成長と土地、住宅、インフラ

・都市は「豊かな生活」をしたいという目的を実現するための「手段」と考えることができる。具体的に言えば、市場のようなモノやサービスを交換する機能、 政府のような集まったモノやカネを再配分する機能をもっていると考えることができ、さらに「豊かさ」の定義や交換や再分配の方法は多様であってよい。

・戦後の日本の都市は経済成長を目的としていた。このとき大きな役割を担ったのが土地と住宅。経済成長のためには市場に多くの人に参加してもらう必要があるが、一般の市民が借金をして土地や住宅を購入し、住宅ローンを返済することで経済市場に参加し続けることになった。

・インフラストラクチャーとは「下支えするもの」のことで、福祉の向上と経済活動に必要な公共施設。道路、上下水道、橋などの基盤整備が進み、都市の価値は上がり、地価が上昇する。たとえば、道路、駅、高速道路の入り口、大規模ビル、複合大型商業施設、遊園地などがつくられると周辺の地価が上がる。しかし、土地あまりの時代になると、インフラによる経済効果は限定的になる。



3 人口減少時代の都市のスポンジ化とインフラ整備を考える

・人口減少社会の到来。少子高齢化が進み、土地の需要が減る。都市部では需要が横ばいになり不動産価格は緩やかに低下。郊外や地方では人口減少が激しくなり、空き家が増え、不動産価格は大きく下落。未利用地化した土地(スポンジ化)がまだら状に増加。市街地、市街化調整区域、農地、いずれの場所でも未利用地が増える。また、固定資産税に比した収益を上げることが難しくなる。


東京都の人口は2015年をピークに減少に転じた。2015年の東京都の人口は1335万人で、生産年齢の割合は66%、高齢者の割合は23%。2040年には、人口が1231万人、生産年齢の割合は58%、高齢者の割合は53%と予想される。

・都市のなかにまだら状に空き地が発生してくることを考えると、「小さな規模でいかに土地利用を混在させるか」「小さくバラバラの土地の総和によってつくられる都市施設」「スポンジ化する都市空間に小さな事業を埋めこんでいくために公共と民間の強調」が大切になる。広がった町を1つに集約化していくという考えというよりは、多様なライフスタイルを実現できる成熟した町を作っていくという考えが重要。



4 水循環を考えたまちづくり

・都市部への人口の集中、産業構造の変化、地球温暖化に伴う気候変動等の様々な要因が水循環に変化を生じさせたことにより。渇水、洪水、水質汚濁、生態系への影響等様々な問題が顕著となっている。




水循環基本法の基本理念
1)水循環の重要性
 水については、水循環の過程において、地球上の生命を育み、国民生活及び産業活動に重要な役割を果たしていることに鑑み、健全な水循環の維持又は回復のための取組が積極的に推進されなければならないこと
2)水の公共性
 水が国民共有の貴重な財産であり、公共性の高いものであることに鑑み、水については、その適正な利用が行われるとともに、全ての国民がその恵沢を将来にわたって享受できることが確保されなければならないこと
3)健全な水循環への配慮
 水の利用に当たっては、水循環に及ぼす影響が回避され又は最小となり、健全な水循環が維持されるよう配慮されなければならないこと
4)流域の総合的管理
 水は、水循環の過程において生じた事象がその後の過程においても影響を及ぼすものであることに鑑み、流域に係る水循環について、流域として総合的かつ一体的に管理されなければならないこと
5)水循環に関する国際的協調
 健全な水循環の維持又は回復が人類共通の課題であることに鑑み、水循環に関する取組の推進は、国際的協調の下に行われなければならないこと

生活のなかの水循環の健全化に当たっては、身近な水がどこから来て、どこへ流れていくかを知る必要がある。地下水保全のためには自治体内の雨水浸透や節水だけでなく、流域住民が連携して水源域の保全活動を行うことが重要だ。

・スポンジ化して小規模で未活用な土地を、グリーンインフラ設置に当てることで、保水、洪水の軽減、温暖化の軽減を図ることができる。

5 市民参加のインフラ整備を考える

・多様な住民で集まり、町をどうしていくかを考える必要がある。行政が「こう決まりました」と住民に説明するスタイルではなく、人口動態、土地利用状況、財政など客観的な情報を、行政、住民で共有しながら一体となって考えていく必要がある。

・岩手県矢巾町の水道サポーターのしくみ。特徴は「発言しないマジョリティ」の声を反映させること。住民参加は今後の自治体にとってとても重要なキーワードだが、ともするとそれ自体が目的化していることが多く、議会対策になっていることもある。



・水道サポーターは矢巾町の現状のデータを分析し、将来を考えたうえで、残すインフラ、失くすインフラを決めている。会議では、「いまから多少の水道料金が上がるのはしかたない」「冷蔵庫の買い替えにそなえて貯金しておくのと似ている」という声が上がる。次世代の負担を軽減するために、現在から「保険的投資」を行っていこうという意見。水道事業の状況を丁寧に学び、具体的なデータを見ながら中長期的視点で検討した結果、市民は未来志向の決断をしている。



付記:さらなる学びをご希望の方は、「橋本淳司の「水」ニュース・レポート」のご購読をお勧めします。
毎週水曜日、無料で発行しております。アクアスフィア・水教育研究所のHPよりお申し込みください。http://www.aqua-sphere.net/newsletter.html

講演要旨、以上。

---------------------------------------




人口減少という避けられない未来を前提にすると、「どうやってインフラを維持していくか」という議論ではなく、そもそも何のためにインフラがあるのかという原点に立ち返って考えることが必要。高度成長期に整備された道路や橋梁、水道管などが次々更新の時期を迎え、将来支える人工が減ることが明らかな今こそ、広い視点でインフラを考えていきたいと思いました。

フラワーアレンジメント用のオアシスを「グリーンインフラ」、オアシスにアルミ箔を巻いたものを「グレーインフラ(水を土に戻す仕組みのない建造物)」に見立てたデモンストレーションなど、前回の講座をふまえたお話はとても分かりやすく、親しみやすく感じました。

「グレーインフラを否定するのではなく、グリーンインフラはグレーインフラを補うもの、と主張するのがよい」
「行政と闘っている場合ではない。協調していく必要がある」など、市民参加のインフラ整備を考えるうえでの心得も伺えて参考になりました。

参加者は20代~70代と幅広く、中には水道の専門家の方もいて、質疑応答も活発に行なわれました。ここに集まったみなさんは間違いなく「意識高い系」!ですが、橋本さんいわく、ワークショップなどでは意識低い系の人(サイレントマジョリティ)を集め、まちに興味がわく取り組みをして、将来のまちの姿を考える市民を増やしていくことが大事、という話には大いにうなずきました。

固いテーマにも関わらず、楽しそうに話をする橋本さんから水が好きな気持ちが伝わってきて、こちらも楽しくなってきました。誰にでも身近な水から、まちづくりを考えるヒントをもらった講座でした。今後、市民だけでなく、市職員や市長、市議会議員など、公的な立場の方とも一緒に考える場が必要だと思いました。